天代家系譜

家系図作成や調査に関すること天代家系譜へご相談ください。

歴史コラム 歴史の窓 | 天代家系譜 東京・日本橋 大内宿

耶馬渓〔国指定名勝〕 -大分県中津市本耶馬渓町曽木-

耶馬渓(やばけい)は、大分県中津市にある景勝地で国の名勝、また日本新三景に指定されています。本耶馬渓 競秀峰の下には「青の洞門」として知られる隧道が残され、大分県の史跡に指定されています。

耶馬渓といっても、山国川の上・中流域とその支流域を合わせる範囲はかなり広く、耶馬渓六十六景と称されます。
入口にあたるのが本耶馬渓地区ですが、菊池寛の小説「恩讐の彼方に」で知られる、「青の洞門」が有名です。当時、「鎖渡し」と呼ばれた難所で転落し、命を落とす人が多かったのを見かねた羅漢寺の僧 禅海和尚が、ノミ一本で掘り抜いた隧道が「青の洞門」で、今でも手掘りのノミの跡が残されています。このトンネルは、現在は拡張され自動車でも通行できるようになっています。
本耶馬渓地区には耶馬渓橋、羅漢寺橋など大正時代に架けられた石造りのアーチ橋が残されており、それぞれ大分県の有形文化財に指定されています。
本耶馬渓地区では、青の洞門、羅漢寺橋、耶馬渓橋を巡る4kmの散策コースがモデルコースとなっているようです。

上左 : 競秀峰、崖に「鎖渡し」の跡が残されています。
下左 : 青の洞門(大分県指定史跡)
下中 : ノミの跡が残る隧道
下右 : 耶馬渓橋(大分県指定有形文化財)、通称「オランダ橋」
撮影日:2017年02月08日

地図-青の洞門
中津耶馬渓観光協会
2017-06-20

本耶馬渓 競秀峰
耶馬渓 国指定名勝 耶馬渓 国指定名勝 耶馬渓橋 大分県有形文化財

家系図を作りたい方へ

  • 調査からすべて依頼したい方
  • 系図のまとめを依頼したい方
  • できるだけ自分で調べたい方
  • 家系譜.com

メール
  • 渡辺邸保存会
  • 日本家系図学会
  • 中央区観光協会
  • ヤギケン
  • 日本橋情報
  • 日本ルーツ家系研究所