天代家系譜

家系図作成や調査に関すること天代家系譜へご相談ください。

歴史コラム 歴史の窓 | 天代家系譜 東京・日本橋 大内宿

偕楽園〔史跡・名勝〕 -茨城県水戸市常磐町-

偕楽園は水戸市にある日本庭園で、梅の名所として知られています。金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつに数えられ、仙波湖を見下ろす景勝地でもあり、国の史跡、名勝に指定され、文化庁の日本遺産にも認定されています。

偕楽園の名称は、中国の古典である「孟子」の「古の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能く楽しむなり」という一節からとったもので、水戸藩第9代藩主徳川斉昭が構想を練り創設したものです。天保5年(1834)に数多くの梅を植え、天保12年(1841)から本格的に造園工事を行い、翌13年に開園公開されました。
武士以外の入園については、当初神官・修験・僧侶など宗教関係者に限られていたようです。やがて庶民にも解放されるようになりましたが、他国の者は許可制となっていたようです。
領民と偕(とも)に楽(たの)しむ場にしたいという伝統を受け継ぎ、日本三名園のうちで唯一偕楽園のみが入園無料となっておりましたが、茨城県は2019年秋に有料化すると発表しています。

地図-偕楽園
偕楽園
2019-03-20

上左 : 偕楽園 表門
下左 : 偕楽園 竹林
下中 : 偕楽園 好文亭
下右 : 偕楽園 梅林
撮影日:2018年03月05日

偕楽園 表門
偕楽園 竹林 偕楽園 好文亭 偕楽園 梅林

家系図を作りたい方へ

  • 調査からすべて依頼したい方
  • 系図のまとめを依頼したい方
  • できるだけ自分で調べたい方
  • 家系譜.com

メール
  • 渡辺邸保存会
  • 日本家系図学会
  • 中央区観光協会
  • ヤギケン
  • 日本橋情報
  • 日本ルーツ家系研究所