TOP > 

角館 武家屋敷(重要伝統的建造物保存地区) -秋田県仙北市角館町-

角館 武家屋敷(重要伝統的建造物保存地区) -秋田県仙北市角館町-

角館は元和元年(1620) 角館地方を領していた芦名義勝によって造られました。その後は秋田藩主佐竹氏の一族 佐竹北家に受け継がれ、現在でも当時の地割が踏襲され、武家屋敷等多くの建造物が残されて、「みちのくの小京都」とも呼ばれています。武家屋敷が立ち並ぶ通りは、「内町(うちまち)」と呼ばれ、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡形など武家町の特性がよく残されています。武家屋敷には桜の木が多く、桜の名所としても知られています。

地図 – 角館武家屋敷通り

武家屋敷通り – 田沢湖角館観光協会

撮影日2023年06月27日

角館 武家屋敷通り
岩橋家 (県指定史跡)
岩橋家 (県指定史跡)
岩橋家
岩橋家 (県指定史跡)
青柳家 (県指定史跡)
青柳家 (県指定史跡)
青柳家 (県指定史跡)
青柳家 (県指定史跡)

先祖を知ることは私を知ること…家系図作成についてもっと詳しく知りたい方は お気軽にご連絡・ご相談下さい。お電話・ご相談は無料です。

ページトップへ