お知らせ

  • 2023.9.20 お知らせ 歴史コラム「記・歴史の窓」 令和5年9月更新 霊山恐山はイタコの口寄せで有名ですが、これは戦後行われるようになったことで、イタコが常駐しているわけではありません。恐山の火山性の独特な景観から、霊山と呼ばれるにふさわしい雰囲気を感じることができますが、恐ろしいところではありません。 詳しくはこちら…
  • 2023.9.20 歴史コラム 霊場恐山 -青森県むつ市田名部宇曽利山-

    本州の最北の地、下北半島にある恐山には、日本三大霊場の一つ「恐山菩提寺」があります。本坊はむつ市田名部にある円通寺で曹洞宗の寺院です。恐山は今からおよそ1200年前、天台宗の慈覚大師円仁によって開かれました。地蔵菩薩を自ら彫り本尊としたと伝えられます。火山ガスが噴出するこの一帯は、岩肌が露出し独自の景観を作り出し地獄に、一方、宇曽利山湖と白い砂浜は極楽になぞらえられ、天国と地獄の境目を表す祈りの場となっているそうです。恐山は死者の集まる山とされ、恐山大祭では、イタコの口寄せが行われることで…

  • 2023.9.9 お知らせ 出張外出予定

    業務の性格上、出張外出が多くなっております。御用の方は、下記の時期を避け、電話または電子メールで、予定をご確認の上お越しください。外出中は、電話は全て携帯電話に転送されますが、航空機内、自動車運転中、図書館内など、すぐに応答できない場合がございます。その際は、留守番電話サービスにつながりますが、後ほどかけなおしますので、お名前とお電話番号をはっきりとご伝言ください。

    令和5年10月10日(火)-12日(木) 東北地方
    令和5年10月21日(土) 東京都内

  • 2023.8.20 お知らせ 歴史コラム「記・歴史の窓」 令和5年8月更新 横須賀は、軍港のイメージがありますが、米海軍の基地もあるので、どぶ板通りのようにアメリカンな雰囲気の街並みもあります。ガイドが優れていて、海風に吹かれながら珍しい艦船を楽しく見学できます。詳しくはこちら…
  • 2023.8.20 歴史コラム YOKOSUKA軍港めぐり  -神奈川県横須賀市本町-

    横須賀は、幕末から日本海軍の軍港として発展してきました。横須賀本港と長浦港は、米海軍と海上自衛隊が利用しており、多くの艦船を間近に見ることができます。どんな船が停泊しているかはお楽しみです。運が良ければ、米原子力航空母艦が見られるかもしれません。海風をうけながら軍港をめぐるのは、ことのほか気持ちが良いものです。望遠レンズを付けたカメラを構える軍艦ファンも乗船していることでしょう。軍港巡りの後はどぶ板通りでハンバーガーや海軍カレーを楽しめます。

    2023.7.19 歴史コラム 角館 武家屋敷(重要伝統的建造物保存地区) -秋田県仙北……

    角館は元和元年(1620) 角館地方を領していた芦名義勝によって造られました。その後は秋田藩主佐竹氏の一族 佐竹北家に受け継がれ、現在でも当時の地割が踏襲され、武家屋敷等多くの建造物が残されて、「みちのくの小京都」とも呼ばれています。武家屋敷が立ち並ぶ通りは、「内町(うちまち)」と呼ばれ、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡形など武家町の特性がよく残されています。武家屋敷には桜の木が多く、桜の名所としても知られています。

    2023.7.19 お知らせ 歴史コラム「記・歴史の窓」 令和5年7月更新

    角館 武家屋敷通りは、桜の名所として有名ですが、梅雨時の深い緑色も美しく味わいがあります。落葉広葉樹が多く、紅葉も見事でしょう。藩政時代当時を味わうことのできるよい街並みです。詳しくはこちら…

  • 2023.7.2 お知らせ 姓氏と家系29-日本家系図学会

    日本家系図学会誌「姓氏と家系」第29号が、令和5年6月30日発行されました。

    姓氏と家系 令和5年-1 第29号(会誌通巻第117号)
    --
    <目次>
    ・東京国立博物館所蔵『武田族譜』の考察 ‥ 真野信治
    ・日向米良諸氏(門川・須木・紙屋)の系譜について ‥ 山邉尚幸
    ・陸奥の石城国造と岩城氏一族(上) ‥ 宝賀寿男
    ・湯川氏出自に関する小考
     ―併せて松本氏の出自の考察― ‥ 松永昂大
    ・近江三…

  • 2023.6.20 お知らせ 歴史コラム「記・歴史の窓」 令和5年06月更新

    駒止湿原は、標高1,100mにある高層湿原で、尾瀬ヶ原のように峠を越えなくても、往復3時間もあれば見学できるので、足の弱い方でも行きやすいと思います。詳しくはこちら…

  • 2023.6.20 歴史コラム 駒止湿原(国指定天然記念物) -福島県昭和村・南会津町-

    駒止湿原(こまどしつげん)は、福島県南会津地方にある高層湿原で国の天然記念物に指定されています。高山植物が自生しており、散策用の木道が整備されています。4月下旬のミズバショウに始まり、コバイケイソウ、ワタスゲ、ニッコウキスゲ、ハクサンシャクナゲなど、春から秋にかけて様々な花が咲き、四季折々訪れる人々を魅了します。駐車場からすぐ湿原に入れるので、足に自信がない方でも散策することが出来ます。

    過去のお知らせ

    facebook天代家系譜をご覧ください。

  • li-->
  • 歴史の窓 アーカイブス

    過去の記事はこちらをご覧ください。

このページのトップへ

先祖を知ることは私を知ること…家系図作成についてもっと詳しく知りたい方は お気軽にご連絡・ご相談下さい。お電話・ご相談は無料です。

ページトップへ