歴史コラム

  • 2023.6.20 歴史コラム 駒止湿原(国指定天然記念物) -福島県昭和村・南会津町-

    駒止湿原(こまどしつげん)は、福島県南会津地方にある高層湿原で国の天然記念物に指定されています。高山植物が自生しており、散策用の木道が整備されています。4月下旬のミズバショウに始まり、コバイケイソウ、ワタスゲ、ニッコウキスゲ、ハクサンシャクナゲなど、春から秋にかけて様々な花が咲き、四季折々訪れる人々を魅了します。駐車場からすぐ湿原に入れるので、足に自信がない方でも散策することが出来ます。

    2023.5.20 歴史コラム 英勝寺(重要文化財・日本遺産) -神奈川県鎌倉市扇ガ谷-

    英勝寺は、浄土宗の寺院で山号は東光山、水戸徳川家が創建した鎌倉唯一の尼寺です。開基は徳川家康の側室であったお勝の方(後の英勝院)で、寺域は扇谷上杉家の家宰だった太田道灌の館跡といわれています。英勝院は太田道灌四代孫太田康資の娘で、道灌所縁のこの地を徳川家光より賜り、菩提所として建立しました。仏殿、山門、祠堂、唐門(祠堂門)、鐘楼などは、創建当時のまま残されています。横須賀線の線路を跨いだ東側には、道灌の主家扇ガ谷上杉管領屋敷跡の碑があります。

    2023.4.20 歴史コラム 掛川城(静岡県史跡・日本百名城) -静岡県掛川市-

    掛川は東海道の重要拠点であり、室町時代、駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、朝比奈氏に命じて築城させました。戦国時代には、山内一豊が城主となり、天守閣、大手門を建て、城郭を大規模に修築し、更に城下町の整備、大井川の治水工事なども行いました。一豊が土佐に転封された後、譜代大名が城主となりましたが、城主は度々変わり、最終的に城主となったのが、太田道灌の子孫といわれる太田資宗で、太田氏の治世は幕末まで存続しました。
    一豊の建てた三層四階の天守は慶長9年(1604)の地震で倒壊し、元和…

  • 2023.3.20 歴史コラム 山高神代桜(日本三大桜・天然記念物) -山梨県北杜市武川……

    山高神代桜(やまたかじんだいさくら)は、武川町の実相寺境内にあるエドヒガンザクラで、福島県の三春滝桜・ 岐阜県の淡墨桜と並ぶ日本三大桜の一つです。大正時代に国指定天然記念物第1号となり、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されています。推定樹齢1,800年とも2,000年とも言われ、樹高10.3m、根元・幹周り11.8mあり、日本で最古・最大級の巨木です。伝説では、ヤマトタケルノミコトが東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。また、鎌倉時代に日蓮聖人がこの地を訪れた際、桜の衰…

  • 2023.2.20 歴史コラム 防府天満宮(日本三天神) -山口県防府市松崎町-

    防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、学問の神様として有名な菅原道真を祀る神社で、創建は延喜4年(904)といわれています。天神社は全国に約1万2千社ありますが、最初に創建されたが防府天満宮で、京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮とともに日本三天神のひとつに数えられています。
    菅原道真は宇多天皇の信任が厚く右大臣に任じられましたが、時の権力者である左大臣藤原時平の陰謀により大宰府に左遷されました。大宰府へ向かう途中、周防国の国府が置かれたほ防府寄港し、しばしの休息を取られた道真公は「こ…

  • 2023.1.20 歴史コラム 金子みすゞ記念館 ‐山口県長門市仙崎‐ 「鈴と、小鳥と、それから私わたし、みんなちがって、みんないい」、童謡詩人金子みすゞの代表作の一つ『私と小鳥と鈴と』の一説です。金子みすゞ(本名テル)は、明治36年(1903)山口県大津郡仙崎村(現長門市仙崎)で生まれました。成績優秀、おとなしく読書好きで、だれにでも優しい人であったといいます。20歳の頃に童謡を書き始め、雑誌「童話」「婦人倶楽部」「婦人画報』「金の星」 に次々と作品を投稿、雑誌「童話」を中心に作品を発表し、西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されました。みすゞは「童謡詩人会…
  • 2022.12.20 歴史コラム 安土城跡(特別史跡) ‐滋賀県近江八幡市安土町‐

    安土城は、織田信長が天正4年(1576)標高199mの安土山に築城させた平山城です。天下統一を目指す信長は、岐阜城よりも京に近く、北陸・東海の要衝にこの城を建てました。総普請奉行は丹羽長秀、当時は琵琶湖の内湖に囲まれ、南方だけが開けている地形でした。我が国で初めて天守を持つ城は天正7年(1579)に完成し、その姿は絢爛豪華で信長の権威を知らしめるものでした。しかし、僅か3年後の天正10年(1582)6月2日、本能寺の変で信長が自刃すると、混乱の中6月15日には城の天守、本丸を焼失しました。…

  • 2022.11.20 歴史コラム 妻籠宿(重要伝統的建造物群保存地区) ‐長野県木曽郡南木……

    妻籠宿(つまごじゅく)は、中山道中山道六十九次中四十二番目の宿場です。馬籠峠の北側に位置し、峠の南側の馬籠宿と馬籠宿(岐阜県中津川市)木曽路を代表する観光名所となっています。昭和51年(1976)に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された町並みは、自然や街道とともに、山深い木曽谷の中の集落として宿場の景観が保存されています。木曽における中山道の宿駅創設の事業は、徳川幕府の代官頭大久保長安等、およびその命を受けた木曽代官山村良候によって、慶長6年(1601)の早い時期から進められました。近…

  • 2022.10.20 歴史コラム 猿島(国指定史跡・日本遺産) ‐神奈川県横須賀市猿島‐

    猿島は、東京湾最大の自然島です。東京湾の湾口に位置しており、幕末から第二次世界大戦前にかけては、東京湾を守る要害として、砲台や弾薬庫が築かれました。レンガ造りの建造物の内、明治初期のものはフランス積みが見られますが、この積み方は現在日本では数例しか残されていない貴重なものです。一般人の立ち入りが禁止されていた猿島ですが、第二次世界大戦後一般人に入島が許可された後も、大きく開発されることがなかったため、豊かな自然と旧日本軍の歴史的建造物が良好な状態で残されることになり、国の史跡・日本遺産に指…

  • 2022.9.20 歴史コラム 旧新橋停車場(国指定史跡) ‐東京都港区東新橋‐

    旧新橋停車場は、明治5年(1872)日本最初の鉄道が新橋~横浜間に開業した際、東京の玄関口となった停車場です。現在、かつて駅舎があった位置に、当時の外観を再現した「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」が建てられ、無料で遺構や出土品、鉄道に関する企画展を楽しめる施設となっています。
    駅舎はアメリカ人R・P・ブリジェンスによる設計で、当時としてはまだ珍しい西洋建築でした。明治時代は東京のターミナル駅として機能していましたが、大正3年(1914)東京駅開業後は貨物専用の汐留駅として使用されてきま…

  • 歴史の窓 アーカイブス

    過去の記事はこちらをご覧ください。

このページのトップへ

先祖を知ることは私を知ること…家系図作成についてもっと詳しく知りたい方は お気軽にご連絡・ご相談下さい。お電話・ご相談は無料です。

ページトップへ